2006年10月09日

アメリカシロヒトリの豆知識―成虫と幼虫の形態―

アメリカシロヒトリの成虫は長さ約15mm。体および翅は純白色である。前翅の黒点は変化が多く,消失したものから黒点列がはっきりしたものまでさまざま。

アメリカシロヒトリの幼虫の体色ははじめ淡黄色であるが、発育するにつれて変わる。老熟幼虫は約30mm。色彩には地域差がある。標準型は,頭は光沢ある黒色,体は背面灰黒色で側面淡黄色,不規則な黒色斑点がある。各体節に小肉瘤があり,ここから長毛が密生する。
posted by ルイワンムシ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカシロヒトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。