2006年10月08日

我が家を襲うアメリカシロヒトリを水で侵入を防ぐ方法

我が家の玄関の壁を這うアメリカシロヒトリの幼虫対策を模索している。そこで,玄関への侵入防止のため侵入通路に水をはりめぐらせる方法を検討した。

発想の原点は,「地面を這って野菜に近づいてくるヨトウムシを,守りたい野菜のウネをグルリと囲むようにビニールシートで小さな溝をつくり、水を入れておいて防ぐ」という記事をみつけたことに始まる。

さっそく,高発泡ポリエチレン製の給水管用の保温材である保温チューブ(内径:40mm,厚さ:10mm,長さ:1m)をホームセンターから買ってきた。

まずは保温チューブを縦に半分に切り,両端を水を貯めたときに水漏れしないようにガムテープで写真のように加工した。結果としては,この程度の加工では,長い間にはガムテープのわずかな隙間から水漏れがあった。もう少し工夫する必要があるようだ。

次に庭に溝を掘り,加工した保温チューブを写真のように設置した。保温チューブと溝に隙間ができてアメリカシロヒトリの幼虫が潜り込まないように,この隙間を土で埋めた。アメリカシロヒトリの幼虫の溺死させようと洗剤を入れた水を保温チューブになみなみと注いで設置完了。

    設置材の加工.jpg      設置状況.jpg
      保温チューブを加工        保温チューブの設置完了


アメリカシロヒトリの老齢幼虫を放逐して行動を観察した。アメリカシロヒトリの幼虫は,以下の写真のような行動パターンを示した。

    放逐.jpg     設置材に接近.jpg  
 アメリカシロヒトリの老齢幼虫の放逐  幼虫は設置チューブに到着

       乗り越えることに挑戦.jpg
  アメリカシロヒトリの幼虫は,設置保温チューブを渡ろうとするが・・・

       頭部分が水に触れて嫌がる.jpg
アメリカシロヒトリの幼虫は,設置保温チューブの水に頭から突っ込んでしまい,慌てている(幼虫の頭部と胸部の一部が水浸しになっている)

       Uターン.jpg
        アメリカシロヒトリの幼虫がたまらず,Uターンする


アメリカシロヒトリの老齢幼虫が,水の中に潜り込んで溺死することはなかったが,水を回避する行動をとった。水で侵入を防ぐ方法は,有効である。

庭に溝を掘り,加工した保温チューブを設置して水を注いでおけば,アメリカシロヒトリの老齢幼虫の玄関への侵入防止が期待できる。薬剤も使わないために環境汚染もなく安全である。

玄関周辺に加工した保温チューブを張り巡らせて,玄関へアメリカシロヒトリの老齢幼虫が侵入しない対策を施そうとしたら,老齢幼虫の発生時期が過ぎてしまっていた。来年は,この方法を早めに実施してみようと思う。


posted by ルイワンムシ at 13:12| Comment(2) | TrackBack(1) | アメリカシロヒトリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解決しました
Posted by 団塊おやじ at 2009年05月26日 19:45
アメリカシロヒトリの豊富な毛が浮き輪の役目を担うので、水死を狙った生け捕り作戦は、私の経験では失敗しました。

水を張ったバケツにアメリカシロヒトリを落としたのですが、数日経っても死んでいるように見せかけて、ちゃっかり生きていました。
Posted by エレキ at 2010年10月18日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

十三回春エステ「ほぐし家」求人情報
Excerpt: オイルマッサージをメインとして、最後は手によるフィニッシュを提供するお店の求人情報です。未経験でも安心してお仕事して頂ける環境ですので、ぜひ一度お問い合わせください。
Weblog: 十三回春エステ「ほぐし家」求人情報
Tracked: 2014-09-26 06:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。